S__10985474.jpg

​オレンジコンフィチュールショコラ

​コンフィチュールとはフランス語でジャムのことです。なのでオレンジジャムです。もちろん自家製です。オレンジコンフィチュールは作るのがとても大変です。まずはオレンジの皮をむきます。そして大量のお湯でゆでます。時間にして3時間以上。皮をゆでる理由は皮に苦味や渋みがあるのでそれを少なくするためです。これがすごーく時間がかかります。気が済んだらその皮と果肉、砂糖などと一緒に煮詰めます。これも結構重労働。混ぜ続けないと焦げたりしますし、そしてジャムがはねて飛んでくる!(作ったことある人は気持ちがわかるはず!)火傷します。熱いです。そうしてまた私のやけどが増えていく…。気を取り直してオレンジの香りは皮にあるので自家製だと余計な添加物が入っていないので香り高く旨味がありデリシャス!そして今回の使ったオレンジはあまなつオレンジです。ちなみにオレンジの皮の表面を細かく削り、チーズケーキにいれるとオレンジ風味チーズケーキ、クッキー生地にいれるとオレンジ風味クッキー、泡立てた生クリームにいれるとオレンジ風味クリーム←(主にパンケーキなどのトッピングにオススメ!)などできるので果肉だけ食べてる方は是非皮も有効してみてください。

最後に長々と語らいを読んでいただきありがとうございます。ボンボンショコラについて語ると書きながら雑談が多くてすいません。この雑談もショコラができるまでの過程ということで広い心で受け止めていただけると幸いです。これからも白雪小町のチョコレート達を宜しくお願い致します。